システムの構成

「システムを導入する」と聞くと、大変な作業や時間をかけなければならないと思いがちですが、キャップアイシステムのデジタルピッキングシステムを手軽に導入していただくことが可能です。

こちらでは、キャップアイシステムの構成について詳しくご説明しております。

キャップアイシステムのデジタルピッキングシステムの一例

システム使用機器例一覧

ホストコンピュータ・サーバ
(デスクトップ型orノート型)
HUB アンサーキット(デジタル表示器)
リンクボックス インテリジェントボックス バッチディスプレイ
キャップライト・キャップライトタワー バーコードリーダー バーコードリーダーインタフェース

システム使用機器例一覧

ホストコンピュータ・サーバ
(デスクトップ型orノート型)
リンクボックス
キャップライト・キャップライトタワー
HUB
インテリジェントボックス
バーコードリーダー
アンサーキット(デジタル表示器)
バッチディスプレイ
バーコードリーダーインタフェース

アンサーキット(表示用機器)

アンサーキット(表示用機器)

遠くからでも、どのような角度からでも視認しやすいランプと、数字や記号の表示により、作業者に作業内容を指示します。

コントローラ(制御用機器)

コントローラ(制御用機器)

制御用パソコンとの通信にLAN(Ethernet)を採用し、TCP/IPのソケット通信でキャップアイシステムの制御を行います。

バッチディスプレイ

バッチディスプレイ

作業者に見やすい大型表示器です。作業中の出荷先名・コード・進捗状況などを表示します。

バーコードリーダーインターフェース

バーコードリーダーインターフェイス

D-SUBコネクトの汎用バーコードスキャナとリンクボックスを接続するインターフェイスです。バーコードリーダインターフェイス1台につき1台のバーコードスキャナを接続できます。