施工方法

簡単な工事で手間なく取り付けることができる
キャップアイシステム

新設の建物・設備はもちろんのこと、既存の棚や架台などの設備にかんたんな工事で取り付けられます。

取り付け方法には大きくわけて、架台等にダクトベースで取り付ける「ダクトタイプ」、パイプラック等に専用金具で取り付ける「Fタイプ」の2つの方法がございます。

ダクトタイプの施工方法

ダクトタイプの施工方法図

ダクトベースの取付け

ダクトタイプ施工手順1、ダクトベースの取付け

棚や架台等にダクトベースを取り付けます。傾斜方補助ダクトベースによりアンサーキットに角度をつけて見やすくすることもできます。

ダクトベースの取り付けは、ドリルビスもしくはリベットで行います。

ダクトエンドの取付け

ダクトタイプ施工手順2、ダクトエンドの取付け

終端にダクトエンドを取り付けます。

ダクトエンドとリンクボックスを接続

ダクトタイプ施工手順3、ダクトエンドとリンクボックスを接続

ダクトエンドのケーブルをリンクボックスからのケーブルとコネクタで接続いたします。

アンサーキットの取付け

ダクトタイプ施工手順3、アンサーキットの取付け

アンサーキットをダクトベースにはめ込むだけで取り付けできます。

設置完了

ダクトタイプ施工手順5、設置完了

アンサーキットの間にカバーを取り付けて設置完了です。

  • 既設の棚や架台に取り付け可能です。
  • ワンタッチで着脱・移動が可能なのでロケーションの変更が容易です。
  • 傾斜方補助ダクトベースにより見やすい角度に調節可能です。

Fタイプの施工方法

Fタイプの施工方法の一例

パイプラックに接続ケーブルを配線

Fタイプ施工手順1、パイプラックに接続ケーブルを配線

パイプラックに接続ケーブルを配線します。接続ケーブルは結束バンド等で固定します。必要に応じて、分岐コネクタによって配線ケーブル同士を容易に接続することができます。

アンサーキットの取付け

Fタイプ施工手順2、アンサーキットの取付け

パイプラックに専用金具でアンサーキットを取り付けます。

接続ケーブルとアンサーキットをコネクタで接続

Fタイプ施工手順3、接続ケーブルとアンサーキットをコネクタで接続

接続ケーブルとアンサーキットをコネクタで接続します。

接続ケーブルの終端を絶縁

Fタイプ施工手順4、接続ケーブルの終端を絶縁

接続ケーブルの終端をビニールテープ等で絶縁します。

  • 突起の少ないスレンダーなデザインです。
  • 独自の取付構造により、配線ケーブルが前面から見えないため意匠性に優れています。
  • セル生産など、配置変更の多い生産ラインに最適です。
  • 生産現場での使用が多いパイプラックに、六角棒レンチ1本で取り付けられます。