キャップアイシステムとは
積水樹脂キャップアイシステム TOP >> キャップアイシステムについて

物流現場を支援するデジタルピッキングシステム「キャップアイシステム」

キャップアイシステムとは、物流・生産現場でのピッキング作業・仕分け作業をより効率良く行うために、弊社が開発・生産・販売を行っているシステムです。
初めて導入を考えておられるお客様も、すでにデジタルピッキングシステムを導入されているお客様にも、弊社の独自開発システムにより現場をより快適にしませんか?
こちらでは、キャップアイシステムについて詳しくご紹介いたします。

キャップアイシステムについて

制御コンピュータからネットワークされたアンサーキット(表示・応答装置)を棚や架台に取り付け、ランプ点滅による商品・場所の指示と数量表示によりピッキング作業・仕分け作業を行います。
キャップアイシステムの活用により、作業の生産性と精度が飛躍的に向上します。

ピッキング作業(摘み取り方式、デジタルピッキングシステム)

ピッキング作業(摘み取り方式、デジタルピッキングシステム)
1. 商品の入った棚の間口ごとに取り付けたアンサーキットが点滅し、数量が表示されます。

arrow

ピッキング作業(摘み取り方式、デジタルピッキングシステム)
2. 作業者はアンサーキットが点滅している間口から、表示されている数量の商品を取り出し、アンサーキットのスイッチを押してランプを消します。

arrow

ピッキング作業(摘み取り方式、デジタルピッキングシステム)
3. 点滅しているすべての間口から商品を取り、ランプを消灯させると1出荷先の作業が終了します。

仕分け作業(種蒔き方式、デジタルアソーティングシステム)

仕分け作業(種蒔き方式、デジタルアソーティングシステム)
1. 出荷先別のケース単位に取り付けたアンサーキットが点滅、数量が点滅されます。

arrow

仕分け作業(種蒔き方式、デジタルアソーティングシステム)
2. 作業者はアンサーキットが点滅しているケースに表示されている数量の商品を投入し、アンサーキットのスイッチを押してランプを消します。

arrow

仕分け作業(種蒔き方式、デジタルアソーティングシステム)
3. 点滅しているすべてのアンサーキットのケースに商品を投入し、ランプを消灯させると1商品の仕分け作業が終了します。

キャップアイシステム導入前後比較

導入前

従来のリストやベテラン作業者に頼る作業

導入前1

「リストを読む必要がある」
読む時間が無駄。読み間違いが起こりやすい。

導入後

キャップアイシステム導入

導入後1

「リストを読まない」
リスト不要で読み間違いが起こりません。

導入前2

「両手が自由に使えない」
リスト片手の作業。

導入前2

「両手が自由に使える」
リストを持たないので両手がフリーに。

導入前3

「どこに何があるのかわからない」
ベテラン・熟練者を必要とする。

導入前3

「ベテラン・熟練者を必要としない」
商品の位置を覚える必要がない。誰でもすぐに作業ができる。最短距離の移動で作業ができる。

導入前4

「リストとの照合が困難」
読む時間が無駄。読み間違いが起こりやすい。

導入前4

「リストとの照合不要」
商品知識がなくても正確な作業ができる。

導入前5

「商品の位置の変更が困難」
出荷頻度・季節により商品の場所を変えたい。

導入後5

「簡易メンテナンスで商品の位置の移動が可能」
変更後もすぐに今まで通り作業ができる。

キャップアイシステムQ&A

キャップアイシステムの意味は?
コンピューター支援のピッキングシステム"Computer Aided Picking"の頭文字"CAP" と人工知能"Artificial Intelligence"の頭文字"AI"を繋げて創った造語です。弊社の英語表記は"Sekisui Jushi CAP-AI System"です。
どんな所で利用されていますか?
商品や部品を保管している倉庫、商品や部品の物流センター、工場の製造ライン、スーパーやコンビニなどの地域配送センター、その他、人手による商品や部品のピッキング、アセンブリング、キッティング、アソーティングなどに幅広く活用されています。
どのような導入効果がありますか?
伝票やリストなどで行っているさまざまな物流作業をアンサーキットのランプと数字表示によってペーパーレス化することで、作業の生産性と精度を飛躍的に向上します。
キャップアイシステムの応用にはどのようなものがありますか?
■デジタルピッキングシステム
商品や部品が保管されている場所にアンサーキットを設置して、ペーパーレスで目的の商品や部品を取り出す作業を支援するシステム。データのバッチ単位によって、オーダーピッキンク、バッチピッキング、トータルピッキングを任意に選択して適用することができます。保管や搬送の形態は自由に選択できます。

■デジタルアソーティングシステム
出荷先向けの箱が置かれている場所にアンサーキットを設置して、ペーパーレスで目的の商品を仕分ける作業を支援するシステム。一般には、商品や部品の品揃えができ次第、仕分ける商品や部品のコードをスキャナーなどで入力することで、出荷先への仕分け数をデジタル表示します。

■棚卸支援システム
商品や部品の保管場所に設置されたアンサーキットによって、正確・迅速な棚卸作業がペーパーレスで行えます。

以上の他にも、部品配膳システムなどさまざまなアプリケーションシステムに活用できます。
キャップアイシステムの特徴は?
・作業者の視認性を考慮してアンサーキットのロケーションランプが真横からでも遠くからでもよく見える高輝度LEDランプを使っています。
・操作性を考慮してロケーションランプと作業完了スイッチを一体化した照光スイッチを採用しています。
・ユニット構造になっていますから、新規設備はもちろん既存設備でも、またどこにでも設置することができます。移設やメンテナンスも容易にできます。
・常温はもとより、冷蔵環境、冷凍環境でも利用できます。
・ソフトウェアフレキシビリティーが高いので、さまざまなアプリケーションシステムを構築することができます。
キャップアイシステムのシステム構成は?
システム構成図に示すように、基本部分としては、制御用コンピューターのLANインターフェースに接続されたLinkBox(リンクボックス)、次にLinkBoxに接続されたマルチドロップネットワークで構成されています。マルチドロップネットワークには、アンサーキットと呼ばれる表示?応答装置を多数接続することができます。 また、マルチドロップネットワークにはアンサーキット以外にもさまざまな入出力装置を接続するための各種インターフェースを接続することもできます。 このマルチドロップネットワークこそが、現場作業を支援するための命綱なのです。

簡単な施工で快適な物流・生産現場を実現する「キャップアイシステム」です

キャップアイシステムは様々な物流・生産現場で活用していただいております。
  • システム構成と施工方法について
  • 導入フローについて
Copyright© Sekisui Jushi CAP-AI System Co.,Ltd. All rights reserved.